山場を見極める。

得意不得意はもちろんあって、


不得意だという教科はいつやってても嫌に感じるかもしれませんが、


どの教科も不得意になってしまう要素が満載の範囲があるわけで。


中3はそんなこと言ってられない時期ですが。


中1・中2の子は数学で一つ山場が来ます。


中1は一次方程式の文章題。

中2は一次関数の利用問題。


もちろんそれぞれその前に方程式の計算、一次関数の式を出す、グラフを描く問題もありますが、


そこでつまづくというのはそもそも文字式計算ができていない可能性が高いので、


中1の最初に原因があります。


要はそのときの山場でつまづいたから、ずっと不得意になってしまっているということ。


魔法は使えません。そこにもどって傷口をふさぐのです。


もちろん、一時的に輸血をして何となくその場をしのぐことはできるでしょう。


しかし、傷口をふさがなければ輸血をしてもいずれ終わります。


ええ、某ドラマの影響を受けてます。


どこでつまづき、傷をつけてしまったのか。


ご家庭で見つけられればいいのですが、難しければ塾を頼ってみてください。



秋田TOP進学塾

対象学年は,中学1年生から中学3年生まで。 各コースの詳細は,記事をクリックしてご覧ください。 詳しい内容やご質問は, 0120-833-006 秋田TOP進学塾まで。 平日 14:00~23:00ころ (19時以降は生徒対応で反応できない場合がございます。) 土曜日 9:00~19:00教室開放 定休日 日曜日(10月~3月は9:00~19:00利用可能)

0コメント

  • 1000 / 1000